エレガントな街トリノを散策・ピエモンテ州 [親子旅・イタリアの見どころ] CiaoRome.com!
 

 ホーム|| ローマの見どころ | 注意事項 | 空港から市内へのアクセス  | アウトレット | 美術館 |イタリアの主要観光都市 | ヨーロッパ都市

   ローマシエナトリノ | ナポリミラノフィレンツェピサ ヴェネツィアベローナ サルデーニャ



トリノ・ピエモンテ州


トリノは、イタリアの西北部に位置するイタリアで4番目に大きな都市です。

そして、トリノといえばイタリアを統一したサヴォイア家が築いた街、
その後、イタリアの自動車メーカー「FIAT・フィアット」が拠点を置き大産業都市となり、
2006年冬季オリンピックの開催都市として、世界的に名前が知られました。

その他、強豪サッカーチーム「JUVENTUS・ユヴェントス」やトリノの有名なチョコレート
「Gianduiotto・ジャンドゥイオット」などトリノを語るには話題が尽きません。 



ローマからは、frecciarossaで、約4時間半前後、片道約 €60前後です。
乗る時間帯によって所要時間と料金も多少違ってきますので、公式サイトで確認してください。

私たちが乗ったのは、テルミ駅発7:05 - ポルタ・ヌオヴァ着11:40 (1人片道 € 49.90)。

ミラノで滞在している場合は、ミラノ‐トリノ間は2時間ほどなので、
もちろん日帰りできる距離です。

国鉄ポルタ・ヌオヴァ駅  [Stazione Porta Nuova]

ポルタ・ヌオヴァ駅は、フランスの国鉄の駅を思わせる外観。


トリノの国鉄ポルタ・ヌオヴァ駅からローマ通りをサン・カルロ広場へ


トリノの最も美しい広場の1つサン・カルロ広場。
中央の騎馬像は、16世紀フランスから領地を略奪した英雄エマヌエレ・フィリベルト像。

この界隈は、日本でも人気のH&MBershukaZaraなど衣料店のチェーン店や高級百貨店Rinasciente、食料百貨店 Eatalyなどが並ぶショッピング街で、大勢の人で賑わっています。

この近くに世界で2番目に重要なエジプト美術館があります。

エジプト博物館   [Il museo Egizio]
場所:Via Accademia delle Scienze 6 Torino
見学時間:月曜 9:00~14:00 /火~日曜  9:00~18:30
料金:€ 13
大きな荷物は持って入れないので、有料ロッカーが利用できます。(地下1階)
公式サイト:
https://museoegizio.it/en/

トリノに来たら、絶対に見逃せない美術館。

トリノのエジプト博物館は、エジプトのカイロに次ぐ重要な遺産を所蔵する博物館。
彫像、石棺、葬儀用品、ミイラ、パピルス、お守り、宝石など古代文明と歴史をたどる
重要な宝が約2万600点展示されています。


カステッロ広場 [Piazza Castello]

ポルタ・ヌオヴァ駅からカステッロ広場までは、徒歩約15分。

カステッロ広場は、古代ローマ時代から1861年イタリアの首都になるまでの
トリノを見守ってきた重要な場所で、世界遺産に登録されている
王宮(Palazzo Reale)とマダマ宮殿が広場の2面を飾る。


マダマ宮殿[市立古代美術館]・Palazzo Madama [Museo di Arte Antica]
場所:Piazza Castello
見学時間:土~月曜 10:00~18:00     休館:火曜
料金:€ 10
公式サイト:https://www.palazzomadamatorino.it/en/visitare-il-museo/opening-times-and-contact-details


1934年に市立古代美術館となり、2006年リニューアルオープンしています。
中世初期からの装飾ガラス細工、陶磁器、金細工、勲章類など、
2万8000点が展示されています。



王宮博物館  [Palazzo Reale]
場所:Piazza Castello
見学時間:日曜10:00~19:00/火~土曜10:00~18:00  休館:月曜
料金:€12 (18歳以下無料・€ 6 18~25歳) 王宮の庭園は見学料無料
公式サイト:
https://www.museireali.beniculturali.it/en/plan-your-visit/


1865年まで、サヴォイア王朝の住まいであった王宮は、ヨーロッパの他の王宮に負けない
立派な造りです。ネオクラッシック・バロック、ロココ様式の様々な建築様式で造られていて、
庭園は、ヴェルサイユ宮殿の設計をもとに造られたもの。

トリノ王宮博物館は、イタリア・トリノの歴史を知る重要な博物館。
敷地内には、王宮立武器庫、王立付属図書館、迎賓の間、会議の間、王位の間、
ピエモンテ王子の間の3Kmにわたる進路が待ち受けています。



モーレ・アントレリアーナ[国立映画博物館]・Mole Antonelliana [Museo Nazionale del Cinema ]


トリノのシンボル、
モーレ・アントレリアーナの塔。

2000年7月に国立映画博物館として開館され、
2006年の冬季オリンピックに向けて
増改築されており、映画の歴史のみでなく
大人から子供まで楽しめる場所。

見学の最後には、塔に上がるエレベーター
があり、この展望スペースからは、
美しいトリノの街並みが見渡せる。


場所:Via Montebello 20 Torino
見学時間:水・木・金・日曜 9:00~20:00 /土曜9:00~23:00 休館:火曜
料金:€ 11 [美術館]・€ 8 [展望エレベーター] / € 15[美術館+展望エレベーター]
公式サイト:http://www.museocinema.it/it/quick-info-japanese



ヴィットリオ・エマヌエーレl世橋から見るポー川

ポー川沿いに沢山のレストラン、バールなどの露店が出て大勢の人で賑わっている場所です。

ナポレオン時代に造られたヴィットリオ・エマヌエーレl世橋を渡り、
グラン・マードレ・ディ・ディオ教会へ

グラン・マードレ・ディ・ディオ教会 [Chiesa Gran Madre Di Dio]
場所:Piazza Gran Madre di Dio 4 Torino
見学時間:毎日 7:30~19:00

ローマのパンテオンをモデルにして造られたネオ・クラッシックの教会です。
…というだけあって似てますね。

ここには、第1次世界大戦で亡くなったピエモンテ州の兵士4千人の遺骨が
納められているそうです。


モンテ・ディ・カプチーニ  [Monte dei Cappucini]

トリノの全景は、このモンテ・ディ・カプチーニの丘から

グラン・マードレ・ディ・ディオ教会の後は、15分ほど急な坂を登りますが、
登り切った後の景色は、絶対来てよかったと思わせるほど‼



ユヴェントスのスタディアム  [アリアンス・スタジアム | Allianz Stadium]

ロナルドがユヴェントスに移籍し、サッカーファンのトリノ訪問も増えると思います。
日程が合わなくてサッカー観戦ができない場合、スタジアム ミューゼアムの見学はできます。

公式ホームページ

場所:Corso Gaetano Scirea 50 Torino
スタジアムのミューゼアム見学
見学時間:月・水・木・金 10:30~18:00 / 土・日・祝  10:30~19:30
料金:€15 
アクセス方法:Porta Nuova からメトロ1(Fermi方面)4番目(XVlll Dicembre)下車、
バスに乗り換える バス停留28番 (Vanaria Reale, Corso Machiavelli方面)19番目 Fermata 2441 Stadio
 
まとめ


トリノは、イタリア初代王国が置かれた街だけあり、サヴォイア家によって
多くの芸術、文化、建築などが持ち込まれたエレガントな街。

観光スポットは、殆ど徒歩圏内なので、公共交通機関を使うこともないかもしれませんが、
メトロ・高速鉄道も数分ごとに発着しイタリアとは思えないほど便利です。

街の観光スポットは、カステッロ広場に集まっているので、
1日あれば観光スポットを十分に抑えることができます。

エジプト博物館と王宮は、お見逃しなく!

 




 


















サイト運営者

ローマに在住する旅行好き親子が作っている
サイトです。

今回の親子旅は、
トリノの観光スポットを紹介します。

ローマから片道4時間10分~30分なので、
日帰りは少し難しいですが、
ミラノなどを経由地点にすれば、
2都市見学ができます。

2日あれば、ゆっくりと見学できますが、
1日でも十分です。

2018年9月訪問
2019年1月更新


ライター:Kaeko.N
(ローマ在住 24年)

写真:Kiara
 
contact@ciaorome.com
 
 
 
格安航空券検索比較サイト
 
 
広告サイト
 
 
旅行関連サイト
華のパリ観光スポット
【フランス】

島ごと世界遺産
ベルリン博物館島
【ドイツ】

ローマの治安と
ホテル選びのポイント

南国のリーゾート
一度は行ってみたい
石垣島
【沖縄県】

 

 

Copyright 2001-2019 CiaoROME!com All Rights Reserved