サン・ピエトロ大聖堂  ローマの観光徹底ガイド ‐ CiaoRome.com!
 

 ホーム| ローマの見どころ | 注意事項 | 市内へのアクセス  | 市内の移動の仕方 | アウトレット | 美術館 |イタリアの |ヨーロッパ都市

 
サン・ピエトロ大聖堂
Basilica di San Pietro
 


サン・ピエトロ大聖堂は、紀元後4世紀初のキリスト教のローマ皇帝コスタンティヌスによって
キリストの1番弟子ペテロ(聖ペテロ=サンピエトロ)の墓の上に建てられた教会。

その後、16世紀に同じ場所に再建されたのが、現在のサンピエトロ大聖堂。

世界一大きな教会であるサン・ピエトロ大聖堂は、奥行き218メートルと天井の高さは46メートル。

大聖堂のフレスコ画や大理石、ブロンズの記念碑、金と大理石による豪華な装飾には、ブラマンテ、
ラファエロ、ミケランジェロ、カルロ・マデルノ、ジャンロレンツォ・ベルニーニをはじめ、
偉大な建築家や芸術家が携わっており、この工事には、約120年間の月日が費やされている。

 
 

大聖堂に入ってすぐ右手には、ミケランジェロが24歳のときの作品「ピエタ像」(1497-1499)。

磔刑にされた、わが子キリストを膝に抱えて、悲しみに浸る若く美しいマリアの表情が、
大理石の塊で表している。マリアの胸元には、ミケランジェロのサインがあり、
彼の作品の中で唯一サインが残っているものです。

ピエタ像は、ガラス張りで頑丈にガードされており、一定の距離からしか見学できないのが残念。


中央祭壇の手前右手には、ブロンズの聖ペテロ像。
右足を触っていくと、「ご利益がある」というので、訪れた人々がこの足に触っていくので、
ブロンズの色が変わっています。

バロックの巨匠ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作の「大天蓋」。
この大天蓋の下に聖ペテロの墓があります。

この聖堂の一番奥にも、ベルニーニ作の「聖ペトロの司教座」があります。
金張りの装飾の中央には、キリスト教の平和のシンボルの鳩をモチーフにしたステンドグラス
支える神学の基礎を築いた4人の博士は、外からの光で、より華やかな姿を見せています。


大天蓋の上の、モザイクと金の装飾のクーポラは、ミケランジェロ作。

日本語ガイドと廻るローマ半日観光で、サン・ピエトロ大聖堂を満喫しよう!
゜:*★イタリアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°  
 

大聖堂を出て広場に向かって右手にスイス衛兵の守るバチカン市国への入り口があります。
合計100人ほどのスイス衛兵が、バチカンの警護に当たっています。
衛兵になる条件は、スイス人、キリスト教徒、成績が優秀なスポーツマンということです。

衛兵の来ているカラフルな制服は、ミケランジェロによってデザインされたものです。


サンピエトロ広場の左手にはバチカンの郵便局があり、
ここから郵便を出すと、バチカンのスタンプ入りの郵便が届きますよ。

この並びには、有料トイレもあります。


大聖堂の前のサンピエトロ広場には、この広場を囲むように4列のドーリア式の柱が284本立ち、
この柱廊の上には、140体の歴代の教皇と聖人が飾られて列柱廊を造っています。



この広場は、ベルニーニの設計でできており、広場の中央にはエジプトから運ばれたオベリスクと、
その両脇には噴水、噴水とオベリスクの間には、「Centro del Colonnato」という印があり、

この上に立つと・・・

噴水とオベリスクの間の右側と左側に、この印(写真右上)があります。
右側の印の上に立って右側、左側の印の上に立って左側のサンピエトロ広場の柱廊の柱を見ると、
今まで4本に見えていた柱が、不思議と1本に重なって見えるようになっています。

何故かというと・・・

ベルニーニは、「Centro del Colonnato」をポイントとして4本の柱を放射状に建てているので、
このポイントの上に立つと、柱が1本に見えるんです。


大聖堂の右手の建物は、法王の住居です。
最上階の右手から2番目の窓は、日曜日の正午のミサで法王が顔を出す場所です。

大聖堂に入場する為には、セキュリティーチェックを受けるので、必要のない荷物は、
ホテルに置いていきましょう。ちなみに・・・パスポートは必要ありません。

教会訪問の注意:ミニスカート、膝上丈の半ズボン、ノースリーブは禁止。
暑い夏には、大判のスカーフなどを携帯して、肌の露出を隠すようにすること。

注意:バチカン美術館の入り口と、サンピエトロ大聖堂の入り口は別です。
サンピエトロ大聖堂  [ Basilica di San Pietro ]

場所: Piazza San Pietro
アクセス:地下鉄 A線( Battistini 方面 ) Ottaviano下車
見学時間:7:00-18:30 (10月1日-3月31日)
              7:00-19:00(4月1日-9月30日)

Cupola (クーポラの見学)
時間: 8:00-17:00 (10月1日 - 3月31日) ,
         8:00-18:00 ( 4月1日-9月30日)
料金: € 8  テラスまでのエレベーターと320段の階段
         € 6  551 段の階段を上がる
< クーポラへの入り口は、教会の右側>


 
 



















サイト運営者


ローマ在住24年。

旅行好きの親子が作っているサイトです。

ローマの観光スポットを始めとして、
ローマの環境面でも良い面、悪い面のローマを
知ってもらえるように記事を書いています。

旅行前の
参考にしてみてください。





フォトライター
Kaeko

フォト:Kiara
 
 
 
広告リンク
 
 
ローマ関連記事
ローマで
ミケランジェロの作品を
無料で見学できる場所

ローマで
カラヴァッジョの作品を
無料で見学できる場所

ローマで
ベルニーニの作品を
無料で見学できる場所

ローマの治安とホテル選び

ローマで
してはいけない事8条

 
スポンサーリンク
 
 
 
 
 
 
 

 

Copyright 2001-2019 CiaoROME!com All Rights Reserved