カピトリーニ美術館 [ローマの観光徹底ガイド ‐ CiaoRome.com!]
 

 ホーム  | ローマの見どころ  注意事項 | 市内へのアクセス  市内の移動の仕方 | アウトレット | 美術館イタリアの |ヨーロッパ都市

ヴァチカン美術館  ボルゲーゼ美術館  国立古典絵画館  カピトリーニ美術館 |

 
カピトリーニ美術館
【 Musei Capitolini 】
 

世界で最古の美術館カピトリーノ美術館は、ミケランジェロが設計した、カンピドーリオ広場
にあります。広場の両端に向かい合って立つ新館と本館(2階 コンセルヴァトーリ博物館・3階
カピトリーナ絵画館)から構成されており、市庁舎の地下の通路で2つの建物がつながっています。


地下廊には、ローマで発掘された遺跡が展示されています。ここを通って新館へ。


かなり大きな敷地に多くの展示物なので、すべてを見るには最低2~3時間は必要です。
2階コンセルヴァトーリ博物館は、かなり広く見ごたえがあり、じっくりと見学しがちです。

その後疲れてしまい、3階のカピトリーナ絵画館や新館を流してみてしまう傾向があるので、
お勧めのコースとしては、まず 3階の絵画館 (点数も2階に比べると少ないので見やすい)、
2階の博物館、そして、地下廊を渡って 新館 の順で廻ればスムーズにいくと思います。

 
チケットの購入について

広場正面向かって右側の建物にチケット売り場と入口があります。
建物向かって右手の入り口がチケット売り場(予約の必要なし)。

チケット購入後、建物の左手から入場します。


荷物検査あり:小規模ですが空港と同じなので、危険物は携帯しないように!

入場後、左手に進むとロッカールームがあるので、重い荷物など預けられます。
トイレは、地下と2階にあります。

カピトリーニ美術館で見たい作品

じっくりと余裕を持って見学できればいいのですが、
時間に余裕のない旅行者の方、これだけは見ておきたいカピトリーニ美術館の作品リストです。

【女占い師・Buona Ventura】 カラヴァッジョ

カピトリーナ絵画館 (2piano 日本の3階)

女占い師を装うジプシーが良家の若い男性の手を占うふりをして、
指輪を抜こうとしている場面を描いたもの。(1593-1595年)

この後に、同じタイトルで描かれた2作目が、ルーブル美術館に展示されている。

この絵画の左手にもう1点カラヴァッジョの「洗礼者ヨハネ」が展示されています。


2階コンセルヴァトーリ博物館


広々としたスペースを飾る大型彫像
【マルクス・アウレリアヌス皇帝の騎馬像】

コンセルヴァトーリ博物館 (Primo Piano 日本の2階)

カンピドーリオの広場に置かれていたマルクス・アウレリアヌス像のオリジナル(176年作)。
修復作業が完了し、現在、博物館内に展示されている。
現在広場に設置されている像は、2005年に造られたオリジナルのコピー。

ローマ帝国崩壊とともに殆どの皇帝の彫刻が壊されていますが、この騎馬像が壊されなかった理由は、
キリスト教を初めて認めた皇帝コンスタンティヌスと間違えられたからだそうです。

【馬を襲うライオン像】

コンセルヴァトーリ博物館 (Primo Piano 日本の2階)

ヘレニズム時代の作品で、1594年に修復済み。
野獣ライオンが、激しく馬にかみつき、かみつかれた馬の痛みが伝わってくる作品です。

【棘を抜く少年】

コンセルヴァトーリ博物館 (Primo Piano 日本の2階)

紀元前1世紀の作品。足の裏に刺さったとげを抜く何気ない仕草が表れています。

【メデューサ】 ベルニーニ作

コンセルヴァトーリ博物館 (Primo Piano 日本の2階)

バロックの巨匠ベルニーニ作のメデューサ。
メデューサは、ギリシャ神話に出てくる怪物で、彼女に見られると石になってしまうという。


【ローマの雌狼とロムルスとレムス】

コンセルヴァトーリ博物館 (Primo Piano 日本の2階 )

ローマの観光中どこかで目にしたこともあると思いますし、サッカーファンならご存知のように、
AS ROMAのロゴともなっている雌狼と双子。

ローマの建国者双子のロムルスとレムスは、雌狼に育てられたという伝説があり、
この雌狼のブロンズ像は、紀元前5世紀の作品だといわれています。
その後、14世紀ごろに双子の像が付け加えられたそうです。



正面は、ヴィーナス像、同じ廊下に、ギリシャ神話の英雄ヘラクレス像(左下)が展示されています。
そして、ギリシャ神話の皮を剥がされたマルシュアーズ像(右下)。




地下廊を通って新館へ・・・

【ヴィーナスの像】

新館  (Primo Piano 日本の2階)

ローマ神話、オリュンポス12神の愛と美の女神「ヴィーナス」は、紀元前2世紀の作品。 

エジプトの間

新館1階(Piano terra)にある中庭向かって右手のガラス張りの部屋の中に展示されている、
スフィンクスやエジプトで重要な存在であった動物の像。

教皇クレメンス11世によって収集されたエジプトコレクションの多くは、
ヴァチカン美術館に移動されています。

新館中庭 【マルフォリオ像・Marforio】

中庭の中央に設置された噴水は、1世紀ごろに造られた海の神ネプチューン、
オーシャンもしくは、ローマのテレべレをモチーフにしたマルフォリオ。


【 Musei Capitolini 】

場所:Piazza del Campidoglio 1
時間: 毎日 9.30-19.30 / 9.30-14.00
(12月24日,31日)
休館日: 1/1, 5/1, 12/25
入場料: 大人 €15 / 小人 €13
毎月第1日曜日は、ローマの住民のみ見学無料。

アクセス:バス 51,81,85,87,118,160,170,628,C3
 
 
まとめ

世界で最初に一般公開された最古の美術館カピトリーニ美術館の展示物は、限りなく続きます。
時間があれば、オーディオガイドを借りてじっくり見ると面白いと思います。

ギリシャ時代、ローマ時代の神話にまつわる彫像やローマのフォルムから掘り出されたものなど、
ローマの歴史を辿るには、もってこいの美術館!

見学後は、市庁舎の裏手のテラスからのフォロ・ロマーノの景色も楽しんでみてください。

 
 
























サイト運営者

今回は、カピトリーニ美術館です。

毎月第一日曜日は、ローマの多くの美術館は
無料なのですが、ここはローマの住民証明が
なければ、無料ではありません。

私たちが入場したのは10:00、出てきたのは12:30でしたが、広場を横切る最低1時間待ちだろうな~くらいの長蛇の列ができていました。

無料の特権が無いツーリストは、
この日だけは、避けるほうが良いです。



2019年2月記載


フォトライター
Kaeko

フォト:Kiara
 
 
 
格安航空券比較検索サイト
 
旅行関連記事
ローマの治安とホテル選び

日本人は海外で狙われる?

【北欧・スウェーデン】
ヨーテボリ観光

【北欧・ノルウェー】
オスロの観光スポット

北欧・フィンランド】
アジアから一番近い
ヨーロッパ
ヘルシンキの観光スポット

 
 
 
 
 
 

 

    Copyright 2001-2019 CiaoROME!com All Rights Reserved