親子旅・JALのどこかにマイルでいった南国のリゾート地石垣島の魅力 [沖縄県] Ciaorome.com!

ホーム |  ホテルの検索 | イタリアの主要観光都市 |ヨーロッパの主要観光都市

石垣島観光 [沖縄県] | 竹富島観光 [沖縄県]



石垣島 【沖縄県】
 
JALの特典航空券で行った石垣島


「え~嘘でしょう?」 「ほんとー??」 JALのどこかにマイルで
石垣島に行けると知らせがメールで届いたときの私と娘の喜びの叫びです。


フライトのみでなく、買い物でもマイルがたまる。
 
「どこかにマイル」って何?

特典航空券の1つで、希望日時と行先候補を選択すると、
その行先候補からJALが行先を決めて往復の航空券を発行してくれるというものです。


しかも、1人往復たったの6000マイル!

旅行に行きたいけど、どこに行こうか決めてないという私たちには、もってこい。
通常、東京~大阪間でも往復12.000マイルなので、半分のマイル数で旅行ができるなんて最高!

はじめての石垣島、関西国際空港から2時間45分、3泊4日のミニバカンスへ出発!

 

石垣島の観光へ

南国の観光スポットとして人気の高い石垣島は、【ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン】
の2つ星(最高3つ星)。島の大きさは、沖縄本島、西表島に次いで3番目。
島の交通網は、路線バスかタクシーなので、レンターカーを借りるのが便利。

島の周囲は139キロ、車で一周するには約3時間ほど。
空港からレンターカーを借りて、島の観光へ


6月の梅雨時期に訪れたので無理はないが、到着時はあいにくの雨。
私たちの訪れた1週間前は、かなりの防雨に見舞われていた石垣島なので、
天気が回復するのを願う。

南国の島というだけあり、年中暖かい気候らしい。
私たちの訪れた6月は気温30度を超えて、湿気は85%と高かった。


川平湾 【かびらわん】

場所:石垣市川平1054

川平湾は、手のつけられていない自然の無人島が点在している場所。
エメラルドグリーンの美しいパノラマが広がる川平湾は、どこから写真を撮っても絵になる。


日本とは思えない透き通った海をみて感動! 
グラスボートに乗って、海の生き物の観察もできます。



【ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン】で、3つ星(最高)。
わざわざここに来る価値はあります。


米原ビーチ

場所:石垣市桴海

海岸から数メートル付近に青いサンゴ礁が広がり、浜辺からでもカラフルな魚が観察できる。
シュノーケルに最も適した場所らしいのですが、潮の流れの強い場所があり、
遊泳危険地区に指定されているそうです。
 
サビチ鍾乳洞

場所:石垣市伊原間185-44
見学時間:9:00~18:00
入場料:大人1.250円、 小人 600円


全長324m洞窟の規模は小さいのですが、ちょっとした冒険気分が味わえます。

そして、このサビチ鍾乳洞は日本で唯一海に抜ける鍾乳洞として有名です。
洞窟の突き当りには、矢印がありビーチと絶景スポットの表示があります。

入場口の係員の人に、「今日は絶景スポットは、無理だと思うよ。」と言われたので、ビーチ側へ



不規則な階段や細く緑が茂る道には、自然の生き物がたくさん(私達の苦手な虫)・・・。

虫の恐怖から引き返そうかと思ったのですが、茂みからこの景色を見て、
勇気を振り出して前へ進みました。


頑張って先に進むと、こんなきれいなビーチに! 来てよかった!


水着は、常に服の下に着用しているので、プライベートビーチで海水浴を楽しみました。


ビーチにはシオマキなどの姿も・・・


サビチ鍾乳洞を後にサンセットビーチへ向かうが見つからない

サンセットビーチの近くの穴場ビーチ

サンセットビーチを探していたのですが、どうも見当たらない。
諦めかけたところ、このような茂みが・・・車を路上駐車して茂みをぬけると・・・


透き通った海に長いビーチと自然の岩場。 
広くて、透き通った海がとてもきれいし、誰もいない!!


石垣島北部のサビチ鍾乳洞から平久保崎灯台へ行く間、
サンセットビーチの手前で偶然見つけた穴場ビーチなので、名前がわかりません。

 
平久保崎灯台
場所:石垣市平久保

車で細い道をくねくねと上がっていくと灯台と、この絶景が待っています。

この日私たちを待っていたのは、絶景だけでなく時速40キロの強風!
向かい風に踏ん張って、飛ばされるかと思うほどきつかったです。


石垣島最北端にある平久保崎から見るコバルトブルーの海の広がる海岸線と水平線。


駐車場が頂上にありますが、8台くらいしか止められないので、混雑している時は、
手前にも車を止める場所があります。

 
フクサキリゾート

場所:石垣市新川冨崎1625

フクサキリゾートヴィレッジに面したビーチで、宿泊客でなくても利用できるようになっています。
ホテルのフロントで許可をもらって入場しましょう。


海に落ちるサンセットが見られる人気スポット、フクサキビーチ。


ビーチ左側には、海に伸びる桟橋があり、その先につけられた鐘は、とても絵になります。






石垣島で宿泊した【石垣シーサイドホテル】

ホテルのプライベートビーチとプール付きのリゾートホテル。
客室からの海の眺めは最高!



Booking.com のお得なリンク
お得なリンクから予約すると、滞在後 Booking から€15返金されます。
友達を紹介して特典をゲットシステム。

石垣島港離島ターミナルから竹富島へ ▶▶

まとめ


石垣島の魅力は、自然の生み出した美しい景色と透き通った海です。
マリンスポーツを楽しむもよし、のんびりとドライブや散策を楽しむのもいい。

都会のように車に乗って交通渋滞に巻き込まれることもなく、
リラックスしてドライブが楽しめます。

ビーチの標識がなくても草むらの先には透き通った美しい海が広がっていて・・・

もう一度訪れたい場所の1つです。











































サイト運営者

ローマに在住する旅行好き親子が作っている
サイトで、記事や写真は、
実際にその場所へ行った時のものです。

今回の親子旅は、JALの特典航空券でいった
沖縄県の石垣島。

念願の石垣島で3泊4日のミニバカンス。


2018年6月

ライター:Kaeko

写真:娘 Kiara
contact@ciaorome.com
 
 
国内格安旅行検索
 
 
 
関連サイト
竹富島で水牛車観光

 
 
格安レンタカー比較サイト
 
 
 
 
 

 

Copyright 2001-2019 CiaoROME!com All Rights Reserved